海と空と潮風と JR下灘駅にて

GWということで旅に出かけたはいいものの、どこに行くべきかと迷った挙げ句、今回は四国の愛媛県に。しまなみ海道を渡り、海沿いの道に車を走らせていくと、絶景と有名なJR下灘駅が見えてきました。なんでも、日本一海に近い風光明媚な無人駅だと言うことで、訪れてみると、確かに線路の向こうに海を望む絶好のロケーション。天気が良かったこともあってか、駅内には他のカメラマンも多くいました。朝早かったですが(七時くらい)...

『四方山話』 難を転ずる縁起物

寒い日が続いていますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。とにかく寒い朝は暖かい布団から一歩も出たくないと思うのは僕だけではないと思います。さて、一年で最も寒さの厳しいこの時期は二十四節気で「大寒(だいかん)」と呼ばれています。山では大雪が降ったり、池の水が凍ったり、外に出れば、吐く息が真っ白だったりしますよね。吹き付ける風が冷たくて、マフラーや手袋などの防寒は欠かせません。しかし、同時に、昼間の陽...

『四方山話』 菖蒲華さく

七十二候(しちじゅうにこう)というものを御存知ですか?あまり聞き慣れない言葉ですが、簡単に説明すると、日本に古くから伝わる季節の呼び名の事です。え、それって、立春とか、夏至とかのこと? と思う方がいるかもしれません。大変おしいですね。それは二十四節気(にじゅうしせっき)と言って、この七十二候の親となる季節の区分のことです。どういう意味かと申しますと、そもそも日本には季節の区分けとして、四季がありま...

『四方山話』 ハニカム紫陽花

今日も気がつけば、すっきりとした晴天ですね。季節は梅雨のはずですが、雨雲はどこへやら。もしかして、このまま真夏へと突入してしまうのでしょうか。ジメジメするのは嫌だから、それでもいいよ、という方もいらっしゃるでしょうが、僕はその時その時の、然るべき季節の風情を感じたいタイプの人間なので、そうはいきません。しかし、悲しいかな、無力な自分には天候を操る術はない。ならば、梅雨の気分だけでもと、庭に咲いてい...

不思議すぎる

いやはや、世の中に不思議なことは数あれど、自分がそういう類の事柄に遭遇することは案外少ないもんですよ。ええ。特に人様に語れるような内容のあるお話というのは、極めて稀ってもんです。けれど、薄っぺらな自分の過去の歴史の中で、ほとんど唯一と言ってもいい不思議がありました。小学生の頃のことです。その日、学校から帰宅した僕は、ランドセルといった荷物を部屋に置くと、遊ぶ約束をしていた友達の家に出かけることにし...